〒194-0037 町田市木曽西5-28-31 モンシャトー木曽1階
  • 特大
  • 大
  • 標準

肥大型心筋症

メインクーン、アメリカンショートヘア、ペルシャなどに多くみられる心臓病で遺伝の可能性も疑われています。
心臓の筋肉が肥大することで、心臓の動きが阻害されたり、不整脈がおこる病気で、突然死を起こすこともあります。

心臓の構造

心臓内部の構造
心臓内部の構造

心臓の内部は4つの部屋に分かれています。
上半分を左心房・右心房、下半分を左心室・右心室と呼びます。

「肥大型心筋症」は、左心室を囲む左心室壁(黄色で示す)が肥大することで発症します。

「肥大型心筋症」とは…?

「肥大型心筋症」というのは、主に左心室壁の筋肉が分厚く肥大することで発生する心臓病です。

肥大型心筋症
左心室壁の心筋の厚みを超音波検査機で計測。

心臓の筋肉が肥大する原因はいまだはっきりしていませんが、生まれつきの心筋収縮タンパクの異常などが疑われています。

「肥大型心筋症になると…?」

心臓の筋肉が分厚くなると心臓の運動性が阻害されます。
心臓は「拡張」することで血液を取り込み、「収縮」することで取り込んだ血液を送り出すポンプの役割を持っています。

心臓の筋肉が分厚くなると、心臓が膨らみにくくなり、「拡張不全」をおこします。
それによって心不全の症状(呼吸困難、運動で疲れやすいなど)が見られたり、不整脈によって突然死をおこすのです。

また、心臓内での血液の流れが悪くなることで「血栓(血の塊)」ができやすくなります。
「血栓」は左心房内で形成され、形成された「血栓」が心臓から流れ出て血管に詰まることで、さまざまな障害を引き起こします。
もっとも特徴的なのは、後ろ足に分布する動脈に「血栓」が詰まることで下半身マヒが発生する「大動脈血栓塞栓症」です。

「肥大型心筋症」を完治させる方法はなく、一生治療薬を飲み続けることで症状を緩和するしか手立てがありません。

早期発見のために…

「肥大型心筋症」では目立った症状がないまま突然死したり、「血栓」による下半身マヒが発生することがあります。

一般的な心臓病では聴診で「心雑音」が聴取されることがほとんどですが、「肥大型心筋症」では必ずしも「心雑音」が発生するわけではないため、通常の身体検査で早期発見することは困難です。

レントゲン撮影や心電図検査を含む、定期的な健康診断を受けていただき、いち早く「心肥大」を察知することが早期発見の大きな手掛かりとなります。

心電図や胸部レントゲンで「心肥大」が疑われれば、超音波検査で筋肉の肥大を正確に調べることができるのです。

当院では循環器診断対応の超音波検査機械を導入しており、心電図やレントゲンだけでは把握しきれない、より正確な心臓筋肉の異常、血栓の有無などを観察し、病状に合わせた的確な治療プランを御提案することができます。

「アメリカンショートヘアーなどの好発種なので心配」、「すでに心臓病の治療をしているけど、正確な病状を知りたい」などなど、ぜひ当院に御相談下さい。

  • ホーム
  • 動物病院ご紹介
  • 診療内容ご案内
  • 診療時間・地図